復讐を忘れた男

| EDIT

あの忌々しい道が夢に現われなくなったのは何時からだろうか

幾らスロットルを捻っても坂を上がって行けないジレンマ

たかだか数百メートルの上り坂

勾配もそれほどない

登坂車線からですら左へ移りたく成る程の圧倒的敗北


一体どれだけのライダーが味わった事があるだろう

廻り切ったスロットルの感触と

そこから更に針を落としてゆくスピードメーターの恐怖を


どれだけリベンジを誓ったか

夢を叶えられそうなバイクも手に入れた

何時だってあの坂に迎える時間もあるのに

いまだ何やら理由を付けて遠ざけているのは何故だろう

VANVANに乗って少しだけれども何かどうでも良くなりつつある事に気が付いた

やはりバイクはスピードだけの乗り物では無い事を思い出させてくれた

初めて原付に乗って駆け回った時の喜びが蘇る




もう少しだけ暖かくなったらVANVANであの坂まで行こうと思う


スポンサーサイト

Category: だいありー

COMMENT

POST COMMENT


TRACKBACK

TRACKBACK URL

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。